急成長中の日本市場に販売および技術サポートサービスを提供する横浜オフィス

プロビデンス、ロードアイランド - 2015年9月1日 – 高信頼性が要求される組込みソフトウェアの品質保証向けに革新的ソリューションを提供する世界的なリーダー、ベクター・ソフトウェア社は、本日横浜市に販売とサポート為の支店設立を発表しました。

自動車業界等の発達によるアジア太平洋(APAC)地域でのビジネスの急速な拡大により、ベクター・ソフトウェアは日本の顧客に対し技術サポートや営業リソースを提供し、顧客のビジネスをサポートします。

「これは私たちのビジネスの成長における論理的な次のステップである。」、ウィリアム・マキャフィー、ベクター・ソフトウェア最高執行責任者(COO)は述べています。「日本は世界で第三位の経済大国であり、自動車、その他の産業において企業は技術開発の最前線にあります。現地にローカルサポートリソースを設置する事により顧客が成長を続け、私達も世界的に成功し続ける事を顧客に約束する事ができます。

ベクター・ソフトウェア社は既に日本で拡大する顧客基盤を持っています。またアジア各地の顧客名簿にも一流企業の名前が並んでいます。

「過去数年間、我々はアジア太平洋地域での驚異的な成長を見てきましたし、また我々がまだそうした表面的な現象だけを捉えている事も明確です。」スティーブ・バーリョー、ベクター・ソフトウェアAPAC販売技術ディレクターは述べています。

「我々の目標は、業界で最も強力で汎用性の高いテスト・ソリューションと高いレベルのサポートを提供して日本の顧客に力を与える事です。新しく設立した日本支店はそれを可能とするでしょう。我々は皆かなりこの事にエキサイトしています。」